指輪をつける場所の意味とは?

指輪は手入れをしっかりしましょう

女性ならアクセサリーとして、または結婚の証として誰でも指輪を一つは持っているのではないでしょうか。
指輪にもファッションリングから婚約指輪、また結婚指輪などいろいろなバリエーションがありますが、いずれもお手入れをしっかりするだけで長く綺麗に使うことできます。
ファッションリングの場合はシルバーから、純金やプラチナといった高級素材にダイヤモンドなどの貴石や半貴石などの美しく輝く石がついているものが多いでしょう。
このようなアクセサリーは外出時に着用し帰宅したらなるべくすぐに外し、柔らかい布でやさしくぬぐってほこりや汚れを取り除きます。
そして専用のケースに入れるか、酸化しないように小さめのビニールケースに入れておくとよいでしょう。
毎日のケア以外に、定期的に市販のジュエリークリーナー液につけて洗浄すると購入時の輝きが戻ります。
ですが、真珠のような素材には使えませんので注意が必要です。
または購入したお店に持参すれば無料でクリーニングをしてくれるところもあります。

指輪のお手入れ方法!

指輪を長く使用できるポイントはきちんとケアすることです。
指輪ケアの方法はその製品(宝石)によって違いがあります。
自己判断でケアをするとかえってその製品を傷つけてします恐れがあるので専門店でケアしてもらうのがベストです。
それでも自分でできる範囲で最低限のケアは必要です。
1、 プラチナ指輪の場合は一日使用した後に乾いた布で汗や汚れをふき取る手入れが最適です。
2、 金指輪の場合はぬるま湯に中性洗剤を入れその中に製品を入れ汚れを浮かせます。
その後は柔らかい布で水滴をとります。
3、 シルバーは専用の布があるのでそれでふき取ります。
シルバーは使用していくと段々黒住が目立つようになるのでこまめに汚れをとるようにしましょう。
シルバーポリッシュが市販で買えるのでそれを利用するのもよいです。
毎日のケアは布でふき取る程度で十分です。
溶剤を使いすぎて素材を傷つけないように気をつけましょう。
4、 チタンは素材が丈夫なものです。
汚れもあまり目立ちません。
汚れが気になるときには柔らかい布でふき取るようにしましょう。

おすすめWEBサイト

Copyright 2015 Pinky Stories All Rights Reserved.