指輪をつける場所の意味とは?

手作りで準備したい結婚指輪

結婚指輪選びでは、非常に悩む人も多いものです。
一生に一つだけと思うと店舗で探していてもこれといって決めることができず。
オーダーで頼むといってもとくに男性にとっては普段使い慣れない指輪はどのようなものがいいのかさえ分からないものです。
迷ったときには、手作りの結婚指輪に挑戦してみてはいかがでしょうか。
二人が制作するのはリング部分の形であり、元型を作る工程に参加することができます。
ロウのようなものを削るだけなので手先が不器用という人でも難しいことはありません。
その後の金属の流し込みや仕上げは熟練の職人さんにやってもらうので、既製品のような仕上がりになります。
手作り結婚指輪は、それほど高価なものでもありません。
基本料金に材料費がプラスされる形ですが、価格が前後するのは材料費の部分です。
金やプラチナなど使用した金属の種類と重さによって計算されるため、指が太い男性用の方が若干高めになる傾向にあります。

手作りで挑戦する結婚指輪

結婚指輪は、既製品として販売されているものの中から好みに合わせて選ぶという方法もありますが、たくさんある店舗の中から人生でたった一つの結婚指輪を選ぶのはとても難しい選択です。
気に入ったデザインがなければオーダーメイドで作るという方法もありますが、さらにオリジナル性を高めたいという場合には手作りの結婚指輪がおすすめです。
指輪はシルバーであれば専用の粘土から作るキットも販売されていますが、これからの人生でずっと身につけるものでもあるのでシルバーでは強度が弱く傷がつきやすくなってしまいます。
やはり金やプラチナなどの金属が適しているものですが、一般の人では難しいものです。
しかし、リングの型の原型製作でロウのようなものを削る作業に参加できる方法があります。
お互いのリングの形を削り、その後はプロの職人によって金属を流し込んで作ってもらえるので、手作りとは思えない既製品のように仕上げてもらうことができます。

Valuable information

2017/1/30 更新

Copyright 2015 Pinky Stories All Rights Reserved.