指輪をつける場所の意味とは?

指輪をつける場所には意味がある

結婚指輪や婚約指輪は左手の薬指につけられますが、ファッションリングになると指のどの場所につけるかの選択肢は非常に重要になります。
両手には10本の指がありますが、それぞれの指に意味があり、つける指によって運勢やバイタリティが変わってくるということもあるのです。
指輪を購入する前には、自分の願いに合わせてどの指にするかを決めてからサイズを決めるようにしましょう。
古代ローマ時代には何でも願い事が叶うと言われていたように、親指は目的を実現させたり指導力をつかさどる意味を持っています。
人差し指は活動的になりたい人に適しており、中指は直感やひらめきを得ることができるのでクリエイティブな仕事をしている人に向いています。
薬指では、左手になれば愛の象徴ですが、右手になると心がリラックスする作用があるので本来の自分らしさを出したい時に役立ちます。
小指ではチャンスと秘密を象徴しており、右手なら自分の魅力をアピールしたい時に、左手なら恋人が欲しい時にチャンスを引き寄せます。

指輪はつける場所に意味がある

ファッションにあまり興味が無い人でも、結婚指輪は左手の薬指にするものだと知っています。
では、他の場所にする指輪にも意味があることを知っていますか?可愛いから、カッコイイからだけではなく、なりたい自分になる為に指輪を選んでみましょう。
「親指」右手なら指導力や周りを牛耳る力などのリーダーシップを司ります。
左手なら自分の意志を貫くことや目標達成など、自分の内から出る力を司ります。
「人差し指」右手なら集中力や行動力を司り、そこからリーダーシップへも導きます。
左手なら消極性に打ち勝ち、心の中の願望を行動に移す力を司ります。
「中指」右手ならポジティブさ、厄除け、元気さのパワー、ギャンブル運などを司ります。
左手ならコミュニケーション能力やひらめき、インスピレーションなどを司ります。
「薬指」右手なら不安や恐怖を取り除き、精神、心の安定などを司ります。
左手は古代エジプトでは心臓に直接繋がる血管が通っていると信じられ、命に一番近い特別な指と考えられてきました。
それが今の結婚指輪の伝統へと繋がっているのです。
愛する男女が揃いのリングをつけることで、お互いの心が直接つながると言われます。
「小指」右手なら自分らしさのアピールなど魅力の発揮を司ります。
左手なら変化、チャンス、願掛け、安産などを司ります。

recommend

ボールペンの名入れ
http://i-penstar.com/

最終更新日:2016/9/23

Copyright 2015 Pinky Stories All Rights Reserved.